人事労務ニュース
人事労務ニュース

文書作成日:2018/10/23

雇用継続給付の申請において被保険者の署名が省略できることとなりました

 雇用保険には、被保険者が継続的に就業をするための各種雇用継続制度(高年齢雇用継続給付・育児休業給付・介護休業給付)が設けられています。これらは、被保険者がハローワークに支給申請することにより、被保険者に直接の給付が行われるものですが、その申請手続きは原則として、被保険者を雇用する事業主を経由して行うことになっています。2018年10月1日からこの申請手続きの一部が簡素化されています。

1.雇用継続給付の申請手続きの流れ
 雇用継続給付の申請手続きとしては、受給資格確認手続と支給申請があり、受給資格確認手続の中で雇用継続給付の支給額が決まります。この支給額は原則として支給される事由が生じる直前の賃金をハローワークに登録し、そこから算出された額に基づき決定されることになっています。その後、ハローワークから指定された支給申請の時期ごとに支給申請の手続きを行います。
 高年齢継続給付および育児休業給付は一般的に、複数回の支給申請手続きを行うことが多く、その都度、申請内容を証明するための事業主の証明と、支給申請をする被保険者の証明(記名押印または署名(以下、「署名等」という))を支給申請書に行うことになります。

2.簡素化された手続き
 支給申請の流れは、会社が申請書を作成した上で、支給申請書に被保険者が署名等を行い、会社が支給申請書を回収しハローワークに届け出ることとなっています。今回、このような会社と被保険者間の申請書のやり取りを簡素化するために、事業主が被保険者から「記載内容に関する確認書・申請等に関する同意書」により確認を行い、会社が保存しておくことで、支給申請書の被保険者の署名等を省略することができるようになりました。なお、署名等を省略して申請書を提出するときには、申請書氏名欄について、「申請について同意済み」と記載して申請することになります。

 署名等を省略できることで、会社と被保険者の書類のやり取りがなくなるため、手続きは簡素化できる一方、支給申請を行っているという意識が薄れ、場合によっては申請手続きの漏れが発生することも懸念されます。署名等を省略する場合には、申請期日に注意を払い漏れがないように手続きを行いましょう。

■参考リンク
厚生労働省「平成30年10月1日より事業主等が雇用継続給付のお手続きを行う場合、被保険者の署名・押印を省略できる場合があります。」


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。




厳格化された協会けんぽの被扶養者認定の事務手続き2018/10/16
11月に実施される過重労働解消キャンペーン2018/10/09
2019年4月より新しい様式となる36協定届2018/10/02
労基署監督指導により支払われた割増賃金支払額は過去10年で最高の446億円2018/09/25
今年度も大幅な引上げとなった地域別最低賃金2018/09/18
7割で労働基準関係法令違反がみられた労働基準監督署の監督指導2018/09/11
慶弔休暇など特別休暇のルールを定める上でのポイント2018/09/04
半数程度に留まるマタハラ防止対策実施企業2018/08/28
働き方改革関連法の成立により重要性が高まる産業医の役割2018/08/21
天災地変により従業員を休業させる場合の休業手当の取扱い2018/08/14
働き方改革関連法の成立により予想される監督指導の強化と労働基準監督官の役割2018/08/07
外国人労働者が出国時に受け取ることのできる公的年金の脱退一時金2018/07/31
過去最多を更新した精神障害による労災請求件数2018/07/24
休憩を交替制にするときに締結が必要な労使協定2018/07/17
パートタイマーの定着率向上を目指す正社員転換制度2018/07/10
お問合せ
甘利欣也税理士事務所
〒220-0005
神奈川県横浜市西区南幸2-9-9
アネックス横浜ビル310
TEL:045-320-5740
FAX:045-320-5741

採用情報
 企業情報
【所在地】
神奈川県横浜市西区南幸2-9-9
アネックス横浜ビル310
【代表者名】
所長 甘利欣也(税理士・社会保険労務士)
【設立年月】
平成5年
【従業員数】
3名(女性3名)
【事業内容】
税理士業務、社会保険労務士業務、ファイナンシャルプランナー業務